似ているようで似ていない魚

HOME > お魚のちょっとおもしろい話 > 似ているようで似ていない魚

似ているようで似ていない魚

2015/01/24    :お魚のちょっとおもしろい話

 前回の「spな会話」に対して思ったより反響がありまして、

*************************************
人間の場合、
動物界→脊索動門→哺乳綱→霊長目→ヒト科→ヒト属→ヒト種
・・・となります。
サルと人間は「科」までが同じで、「属」で分かれます。
**************************************

   ・・・という文面に対して


「・・・ということは、サルは『ヒト科』に入るんですかい???」

という質問が多く寄せられました。


「サルは『ヒト科』に入るんですかい???」


 入ります・・・   サルはヒト科です。
 
 
 

ヒトがサル科・・言っているのではないのでショックを受ける必要はありません。


ヒト科に入るのは、チンパンジー・オランウータン・ゴリラの仲間で、

    →チンパンジー属
ヒト科 →オランウータン属
    →ゴリラ属
そして →ヒト属、、と4つの属に分かれており、


リスザルやニホンザルはヒト科には入りません。


チンパンジー、オランウータン、ゴリラは最も人間に近い生き物だということが
分かります。

・・・という事を例えながら魚の話をすると
とても分かりやすいことがあります。


例えば、

フグ科→シマキンチャクフグと、カワハギ科→ノコギリハギは超そっくりで・・・
シマキンチャクフグシマキンチャクフグ
ノコギリハギノコギリハギ
  

ベラ科→ホンソメワケベラと、イソギンポ科→ニセクロスジギンポも、そっくりですが・・・
ホンソメワケベラ ホンソメワケベラ
ニセクロスジギンポ ニセクロスジギンポ


どっちも、「目」までが同じで、「科」が違う魚なので・・・

人間 と、ニホンザル くらい違う生き物だし。。。

ニシン目→ニシン科→キビナゴと、スズキ目→イカナゴ科→イカナゴは、姿も名前も似ていますが。。
キビナゴ キビナゴ 
イカナゴ イカナゴ
 
 
「科」よりもさらに1つ前の、「目」が違う生き物なので、

クジラとネズミくらい違う生き物です。
クジラ   ネズミ


おまけに・・・


スズキ目・タナバタウオ科・シモフリタナバタウオが・・
シモフリタナバタウオ シモフリタナバタウオ

ウナギ目・ウツボ科・ハナビラウツボに、似せようとしている、なんてのは・・・
ハナビラウツボ ハナビラウツボ


ネコがライオンにそっくりになろうとするよりもさらにタイヘンで、(どっちもネコ科)
ネコが人間にそっくりになろうとしているのと同じ位タイヘンな事なのです。


・・・という話を聞いてから潜ると
一味違ったダイビングになるかもしれません

潜って、この目で確かめたくなりましたか?

   もしそうなら、 あなたは。。。


マニアの素質がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

過去の投稿

アーカイブ

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031